http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

サックス初心者

サックス初心者に年齢、経験は関係ありません。

サックス初心者

サックスは高齢者でも楽器初心者でも簡単に短期間に演奏することができます。

楽譜を読むことができないから無理なんて、それは過去の常識です。

 

毎日が忙しくてサックス教室に通う時間がないというあなたにも、とっておきの練習方法があるのです。

 

書店でサックスの教本を捜しても楽譜が読めないために「これだ!」という物に出会えなかった方も安心してください。

 

音楽ド素人のあなたでも楽譜が読めなくても本当に短期間にサックスが吹けるようになります。

 

楽譜に対する苦手意識がなくなるだけでも取り組みやすくなるはずですよ。

サックス初心者のイロハ

サックス初心者が、まずぶち当たる壁はサックスの選び方です。
サックスを練習するのに楽器が無ければどうしようもありませんね。

サックス初心者が失敗しない楽器の選び方

サックス初心者がサックスの購入で一番後悔するのは、せっかくサックスを買ったのにやめてしまうことです。
自分が思うように上達ができず苦しい時もあるかと思いますが、あきらめずに末永く続けるようにしてください。

 

soleil

初めてサックスを始めるにはサックス教室に入るか、独学ならサックス教本で練習するのですが、

 

どちらを選択にするにしても、初めてサックスを始めたいという方の最初の難問が、どの程度のサックスを購入すればいいかです。

 

まずは演奏ができる楽器が手元に無ければどうしようもありません。

 

サックス教室に通えば、ヤマハなど自社の製品を薦めるでしょう。
ヤマハはお値打ちなものでも10万円以上はします。

 

まだ、サックスのイロハも理解していないのに、初めから10万円以上の出費はきついですよね?

 

サックス教室を検討している方なら入会時に楽器が無料で貰える音楽教室もあります。

  • サックスが無料で貰える音楽教室
  • おすすめのサックス
  • おすすめできないサックス
  • 中古サックス
  • レンタルサックス

これらの詳しい説明をこちらでしています。

 

サックス初心者サックス初心者の楽器選び

 

つぎにぶち当たるのが楽器の組み立て方や掃除の仕方です。
サックスが吹ける人には当たり前なことでも、サックス初心者に分からないことばかりです。

 

このサックスの初歩的な基本ところが、市販のサックス入門書では省略されていることが多いです。
こんなサックス初心者にとって初歩の初歩のところを一から映像も交え丁寧に教えてくれる教材があります。

 

また楽器はなんとか購入できても次にぶち当たる壁は楽譜の読み方や練習する場所です。
この教材は、楽譜にはドレミが記入してあり、DVDではカラオケで歌うように楽譜の吹く場所を教えてくれます。

 

また練習場所が確保できなくても楽器を吹かなくてもできる練習方法も教えてくれます。
そんなサックス初心者のために作成された教材を詳しく説明します。

 

サックス初心者に必要な「練習環境」

サックス初心者がサックスを上手く吹く事ができるようになるには、サックス教室に通うか、独学で練習するかのどちらかですが、

 

どちらを選択しても早いか遅いかの違いはあっても上達はできます。

 

しかし、サックスを練習する方にとって永遠の課題のひとつに「練習環境」があります。

 

サックス教室に通っている方でも月に数回のレッスンでは、上手くなるまでに相当の期間が必要になります。

サックス初心者

 

独学で練習する人は特に「練習環境」が深刻です。
できれば、毎日数十分でも練習したいものです。

 

独学で勉強する方はサックス教則本は、何か購入するのですから、この教則本&DVD
『音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座』を購入してみてください。

 

この講座の特典で、「サックスを吹かなくても練習できる方法」を映像付きで教えてくれるからです。

  • 腹式の正しい呼吸方法で吹ける練習方法
  • 口元の筋肉を鍛えることで音を安定させる練習方法

この練習方法を習うことで、通勤時やテレビを見ている時でも音を出すことなくサックスを吹く力が身に付きます。

 

この方法を身に付けることで、実際に楽器を吹く時間が少なくても、しっかりとレベルアップできます。

 

自宅でこの練習を毎日すこしづつ行い、時間がある時にカラオケや貸しスタジオで練習すると、
吹くことが楽しくなるし、上手くなるスピードが各段に早くなります。

 

現役のプロサックス奏者で、複数のサックス教室の講師をしている吉野ミユキ先生が監修しているサックス教則本でDVD付きです。

 

サックスを吹く時の口元の使い方など動画で見ることができるので、サックスを良い音で吹くコツがすぐにわかります。

 

サックス教室に通っている方でも、この講座を学ぶことで、時間に余裕のある時に、1人でどんどん先に進むことができます。

 

第1弾から第3弾までの3部構成ですが、第1弾のさわりを紹介ししますね。

 

サックス初心者向け教材の3つのポイント

サックス初心者

ドレミが読めなくても、サックスが吹ける
あなたは「フリガナ」は読めると思います。

 

この教材で使用する特別な楽譜には「フリガナ」がついています。
その「フリガナ」を読むことができれば楽譜が読めるのです。

何度も同じレッスンを繰り返し受けられる
あなたが練習中に、「以前習ったことを忘れた」「ここが良くわからない」という部分は、何度でも納得がいくまであなたのペースでレッスンを進めることができます。

本格的なサックス教室のレッスンを受けられる
この教材を監修しているのは、CDや著者も多数発売し、年間に150以上のライブをこなすプロサックス奏者の「吉野ミユキ 先生」です。

 

吉野先生は関東地方を中心に複数のサックス教室を開催していて、どの教室も常に定員がいっぱいです。
演奏経験、指導経験が豊富な吉野先生のレッスンは丁寧で分かりやすいと評判です。

 

多くの生徒を指導してきた経験から、サックスの選び方、吹き方のコツ、良い音の作り方までわかりやすく丁寧に解説しています。
実際にこの『音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座』を使って憧れのサックスが演奏できたという人が続々と増えています。

 

 

サックス教室で先生について行けるかどうか不安に思ったり、忙しくて教室に通う時間がないなどという心配は一切考える必要はありません。
サックス教室に通う時間や手間、レッスン料を考えたらこの教材はとてもお得な教材だと思います。

 

あなたも今すぐサックスプレイヤーに仲間入りしませんか?!

 

 

サックス初心者が上達する方法

楽器には向き不向きがあって、上達するスピードが違います。

 

サックスも例外ではあありません。

 

同じ教則本で進めてても差はでてきます。

 

楽器が上手くなる人、ならない人の差は一体何が違うのでしょうか?

 

練習時間?

サックス初心者だから練習時間は多く取らなければ上達しない?

 

いいえ、そんな事はありません。

 

毎日、1日6時間の練習をしたから上手くなるわけではありません。

 

1日2時間緒練習するだけでも上達する人は上手くなるのです。

 

この違いは、目的をもって練習しているかどうかです。

 

上達しないサックス初心者の人は、「どうやって練習するのか?」
を常に考えていますが、

 

サックス初心者でも上達する人は、「なぜ、やりたいのか?」「何をやりたいのか?」が明確になっていて、

 

そのために「どうやって練習するのか?」は最後に考えるのです。

 

まず、目的をしっかり持たないと、せっかくの練習も無駄なものになってしまいます。

 

ですので1日に〇〇時間練習したから上達するということはありません。

 

サックス初心者に限るわけではありませんが、練習する時には、漠然とダラダラとするのではなく、

 

「これをできるようにする!」という目標を持ってするといいでしょう。

 

当然、目的の無い6時間の練習よりも、目的を持った2時間の練習の方が上達のスピードに差がでることは言うまでもありません。

 

場合によっては、自分の演奏を録音や録画したりすることで、何処を改善するべきかを探すことも必要になってきます。

 

上手い人ほど、自分の演奏を分析し謙虚に反省し改善しています。

 

サックス初心者だからこそ、初心貫徹ではないですがサックスを始めたいと思った最初の目的を忘れずに、

 

目標を持って練習することで、すぐにあなたはサックス初心者から脱皮できるでしょう。

 

サックス初心者の楽器選び

 

EYS音楽教室なら入会時にサックスが無料で貰えます。
(1年間の継続を確約いただいた場合のみ)

初心者サックス選び方

アルトサックス教室サックスが貰えるEYS音楽教室

 

独学でサックスを学ぼうと検討しているのなら、
どの程度のいくらぐらいのサックスが初心者には向いているのでしょう・・・・・????。

サックスの選び方

サックス初心者が選ぶならまずは国産です。
国内二大メーカーといえばヤマハとヤナギサワです。

 

国内のサックス奏者の多くが国内産のブランドを使用しています。

 

ヤナギサワは世界でもトップクラスと言われていますが初心者には少し早いと思われます。
資金に余裕がある方か、中古で狙い目があれば購入してみて下さい。

どのサックスを購入するにしても、サックスケースが必要になります。

 

その時に確認しておかなくてはいけないのが、どのメーカーのどのモデルかです。

 

というのは、サックスケースはメーカーによってもモデルによっても、入る入らないの問題が発生するからです。

 

詳しくは>>サックス初心者のサックスケースの選び方をご覧ください。  

 

サックスを始めたばかりの頃は、音を出すのに精いっぱいで、ジャズやクラシックなどジャンルに向いたサックス選びはまだまだ数年先の話しです。

 

 

もちろん予算が許すのなら最初から高価なサックスを購入することもありですが、
サックス初心者にとって一番おおすすめのエントリーモデルはヤマハ「YAS-280」です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA(ヤマハ) / YAS-280 - アルトサックス -
価格:140400円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

 

ヤマハ「YAS-280」はエントリーモデルの世界的指標にもなっています。
コストパフォーマンスに優れ、吹奏楽でもジャズでもOKです。

 

 

海外の自社工場製パーツを輸入し、日本で組み付ける方式で13.2万円に抑えることができています。

 

サックス初心者から中級者まで十分に扱える優れものです。
値引もしてくれると思うので、購入時にはリードやお手入れセット等をおねだりしてみて下さい。

 

 

まずは長く続ける自信があれば、ヤマハクラスの10万円以上の製品をお薦めします。

 

ヤマハの型番はYASと表示されています。

  • Y=ヤマハ
  • A=アルト
  • S=サックス

YASに続く数字は2→3→4→6→8の順番でランクが上がっていきます。
とてもわかりやすいので選びやすいです。

 

 

もちろん、長く続けるよとやる気はもっているのだが、本心はまだ続くかどうか心配という方は、自己責任にはなりますが3万円前後のクラスがオススメです。

 

 

初心者は、いくら丁寧に楽器を扱っているつもりでも、必ずあちこちぶつけたりします。
その事を思えば、初めはお値打ちなもので様子を見た方がいいでしょう。

 

 

そして、高価な楽器イコール良い音ではあありません。
「高価な楽器は音がまるで違う」という方もいますが、

 

その方にカーテンの向こうで吹いているサックスの音を聴き分けることができるかというと、
まず難しいでしょう。

 

イシバシ楽器

日本最大級の楽器専門店イシバシ楽器なら、
ヤマハやヤナギサワなど色々なメーカーのサックスを一堂に比べながら選ぶことができます。

 

アルトサックスは各種メーカー合わせて290種類以上の品揃えがあります。

 

アウトレットや中古も取り揃えているので予算に合わせたサックスが見つけやすいです。

 

サックス初心者のために初心者入門セットも取り扱っています。

<初心者入門セット内容>
1.テナーサックス本体 2.フライトケース 3.マウスピース(Ottolink USA) 4.リード 5.ストラップ 6.コルクグリス 7.教則本 8.保証書(1年間)

 

これは一例です。時期により品揃えも変わるので確認してください。

イシバシ楽器は楽器の買取もやっているので、あなたが他の楽器を持っていてサックスをやるから処分したいとお考えなら、

 

イシバシ楽器に買い取ってもらって新しくサックスを購入することもできます。

 

イシバシ楽器は2018年9月時点で、サックス中古楽器は67件の品揃えがあり、最安値が27,000円(税込)です。

 

サックス初心者

 

新品のサックスは全部で290点の品揃えで最安値は43,800円(税込)から揃っています。

 

サックス初心者

 

サックスの選び方日本最大級の楽器専門店イシバシ楽器

 

サックスの選び方

 

いくら安くてもきちんと調整されたメーカー品なら、
いくら初心者だろうが演奏者の技量を損ねることなく表現できます。

 

お薦めは、国内のサクラ楽器が販売している初心者セット「ソレイユ」です。

 

サックスの他に14もの入門セットがついて税込30,800円です。

お薦めができないサックス

値段で追いかけると、ソレイユ以外にもお値打ちなサックスはあります。

 

中国製のサックスです。
これは止めておいて下さい。

 

中国製は申し訳ないですが楽器の形をしたオブジェです。
「楽器」と「オモチャ」とは当然違います。

 

中国製のサックスを購入して1年以上使っているケースは非常に稀です。

 

これは、造りが粗雑なのですぐに買い替えるか、もしくはサックス練習を止めてしまう原因にもなります。

 

音程のある音がでる程度のレベルで、たまに音程が半音近いズレがあるものもあります。

 

「さあ、サックスを覚えるぞ!」という「やる気」をくじかないために、そして将来サックスを吹くことを楽しむためにも、中国製以外の楽器をお薦めします。

 

中華系では、ありますが台湾製なら問題はありません。
台湾製はここ数年でレベルがもの凄く上昇し、国産の中・上級レベルの楽器に匹敵する製品もでてきています。

ヤマハのサックスをレンタルする

ヤマハYAS-280

ヤマハのレンタルシステムを利用することも一つの方法です。

 

ヤマハのレンタルシステムはヤマハのサックス教室に通わなくてもレンタルすることができます。

 

また、近くにヤマハの店舗がなくても申し込めば自宅まで郵送で送ってくれます。

 

何より嬉しいのは、レンタルした楽器を購入する時には、今まで支払ったレンタル料金も購入資金に加えて貰えることです。

 

もちろん、レンタルだけでもOKで、必ず買い取る必要もありません。

 

今なら希望小売価格132,000円(税抜)の新品モデルヤマハYAS-280が、月額6,300円からレンタルすることができます。

 

ヤマハYAS-280レンタル料金

・ロング
レンタル料金: 6,300円(税抜/1ヶ月)
レンタル期間:最短6ヶ月〜最長20ヶ月

 

・ショート
レンタル料金: 26,400円(税抜/1ヶ月)
レンタル期間:最短1ヶ月〜最長4ヶ月

 

サックス初心者ヤマハ楽器レンタル・リース総合サイト【音レント】

 

吉野ミユキ サックス奏者プロのアドバイス

プロサックス奏者・吉野ミユキのサックス教材でも、サックスを選ぶ時のポイントや、おすすめのメーカーなどサックス初心者にとっての「アルトサックスの正しい選び方」を現役のプロが教えてくれます。

 

第1弾の基本編 第1章レッスン3で教えてくれます。

 

サックスの正しい選び方


スケール練習吉野ミユキのレッスン講座

 

サックス初心者のサックスケースの選び方

サックス初心者がサックスケースを購入するときの最低限の注意点を紹介します。

 

購入したサックスのサイズにあったケースを選ぶ

サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスなど色々種類があります。

 

サックス初心者の方の中には、サックスにサイズがあることを知らないという場合もあるので注意してください。

 

アルトサックスだったらアルトサックス用のケースを選んでください。

 

モデルに対応したサックスケースを選ぶ

メーカーが違うと仕様も違うので、必ず購入したメーカーのサックスが入るかどうか確認してください。

 

注意点は同じメーカーのサックスでもモデルが違うとケースに入らないことがあることです。

 

購入するお店、通販の場合は電話やメールで確認するようにしてください。

 

ハードケースを選ぶ

持ち運びの時にサックスをきちんと保護してくれることが大事ですが、ソフトケースと呼ばれるものはハードケースと比べると保護する能力は低い傾向にあります。

 

経験上、何年も使用していると、落としたりぶつけないように注意していても、目では確認できないような凹みなどが出てきます。

 

それと、平均的な値段よりもかなり安いサックスケースは、素材や構造等に問題があることもあります。

 

持ち運びしやすいケースを選ぶ

保護する能力は落とすことなく、できるだけコンパクトで運びやすいケースがおすすめです。

 

混雑した電車の中での移動でも、他人の邪魔になりにくく、他の人に蹴られたり危険性が少なくなります。

 

肩に背負ったときなどに、体にフィットする構造のサックスケースは負担が少なく持ち運ぶことができます。

 

>>サックス教室:TOPページ

 

サックス初心者関連ページ

アルトサックス最安値
アルトサックスの最安値です。中古ではなく新品が 3万円以下で購入できます。しかも練習用の教則本など付属品が14点も付いてこの値段です。
失敗しないサックスの選び方
サックス初心者の失敗しないサックスの選び方、正しいリードの選び方を教えます。選び方を間違えるといくら頑張って練習しても上達することは難しいです。
サックスをレンタルする
サックス初心者に困ることがサックス選びです。決して安くはない楽器ですので、慎重に選びたいものです。あなたにお薦めはサックスのことがよくわかるまでレンタルすることです。納得できてから購入することで後悔する事がなくなります。