サックス習いたい

サックスを習うのなら教室か独学か?

まず、最初に悩むのがサックス教室に通うのか、通うとしたら個人レッスンかグループレッスンか?

 

または教則本やDVDなどで独自に学習するかです。
経済的と時間に余裕があればサックス教室で習うことを考えると思うのですが、

はたしてサックス教室に通えば上手くなるのでしょうか?

サックス習いたい

いきなりガッカリさせるような例をだして申し訳ないのですが、

英会話スクールにお金さえ払えば英語を話せるようになるのでしょうか?

 

ハッとさせられますよね。
サックス教室もお金を支払った時点で、自分が将来サックスが上手くなると約束させられたと錯覚してしまうのです。

 

1ヶ月に数回受ける、たった数時間のレッスンで上達する事はありません。
英会話もそうですが、どんなにお金をかけても本人の努力なくしては上達する事はありません。

 

当然ですが、サックス教室以外でも練習を継続することが必要です。

 

当たり前のことですが、多くの方がサックス教室に通えさえすれば上達すると錯覚しています。

サックス教室の本音

それともう一つショッキングなお話をすると、
サックス教室は生徒を上達させることにフォーカスしているのではなく、生徒が辞めないようにということにフォーカスしているのです。

 

聞けば当たり前の話ですよね。
サックス教室も生徒に辞められると経営が成り立たないからです。

 

それに講師のほとんどが生徒数に応じた歩合制の給料なので仕方がない部分でもあります。

 

そのため、大手のサックス教室では「上達」を目指すのではなく「楽しむ」ことを目指しているのです。

 

もちろん、サックスを習うのに「楽しむ」という要素はとても大事です。
しかし、楽譜を体系的に理解したりとか、できない技術を反復練習するという面倒なことはせず、

 

出来ないときには、その部分を飛ばして出来る課題に置き換え、「上達」よりも「楽しさ」を求めるのです。

 

そして発表会などの課題曲だけを練習して形にしていくスタイルになりがちです。

 

優しい課題曲だけを練習して吹けるようになっても、なかなか次の曲へはつながらなく、
その結果、いつまでも楽譜が読めず、正しい奏法も身に付かない、指も動かないということになります。

 

その時期に練習した曲は何とか吹けるようになりますが、サックスが上手くなったとはいえず、万年、初心者レベルを超えることができません。

 

全然上達しないというのは言いすぎですが、継続することで少しは上達します。
しかし、その上達スピードは半端無く遅いということです。

 

これがグループレッスンだと、上達のスピードの遅さはより顕著になるでしょう。

 

誤解があるといけませんが、全ての講師に当てはまるわけではなく、中には優秀な講師の方もいます。
しかし、サックス教室の根っこにあるのは「上達」ではなく「継続させる」です。

サックス教則本&DVD

では、サックスを習うにはサックス教室に通わずにどうしたらいいのでしょうか?
これは冒頭でも書きましたがレッスン以外でも継続して練習することです。

 

サックス教室に通いながらでもいいですし、通わなくてもかまいません。

 

初級から上級まで同じ講師が監修したサック教則本&DVDがあるので、それで独自に自分の上達に合わせて練習することです。

 

このサックス教則本の講師はプロサックス奏者でありサックス教室を関東で複数運営している人なのでサックスをわかりやすく上手に教えることには評判の先生でもあります。

 

サックスを習おうと色々教則本をネットや書店で探しても思うような教則本には出会えず何度も購入を繰り返すことになります。

 

それを何回も繰り返してなんとか自分にあった教則本が見つかるのですが、それでもサックス技術の上達につれて、また別の教則本を探すことになります。

 

それよりはあなたの上達ぐあいに合わせて初級から上級まで通して練習することができるこの教材がオススメです。
吉野ミユキ プロフィール

歌うだけでぐんぐん上達する「初めてのアルトサックス講座」3弾セット

 

サックスを習いたい人人が増えています

近年、中高年になってからサックスを習いたいという人が増えています。

 

特に多いのは50〜60代の男性で約9割を占めています。

 

サックスといっても多くの種類があるのですが、多くの人が習いたいと希望しているのはアルトサックスです。

 

この世代は、アルトサックスが花形であるジャズが好きな方が多い年代で、
サックスにずっと憧れていた、という方が多いためと思われます。

 

きっとJazzのライブステージでカッコよく演奏する姿を見て憧れるんでしょうね。

 

これまでがむしゃらに働いてきて、これからは自分が好きなことを
やって人生を楽しもう!と挑戦されている方が多いです。

 

中高年になってからサックスを習いたいと思われている方は、お金と時間に少し余裕がある本物志向で、精力的な男性が多い傾向があります。

 

サックスの楽器自体が、10万円〜と決して安い楽器ではありません。

 

だからこそ、余裕がある方が何か楽器を、と思った時に、「見た目も格好良いし、高級感もあるし、これ良いな」と思われるようです。

 

サックスを習って「自分の船を持っているので、船の上で吹くのが夢です。」という方もいます。

 

また、アルトサックスが音を出しやすい楽器という事も関係しているようです。

 

>>TOPページ:サックス教室