http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

マウスピースとリードの選び方

リードの選び方

リードとは

バイオマス燃料として注目されている「ダンチク」っていう葦(あし)で作られていて、南仏産のものが良いとされています。

 

サックスはリードを振動させて音を出す楽器です。
リードは楽器の音色の良し悪しを決定する「最重要パーツ」です。

経験者でも悩む方が多いのが正しいリード選びです。
良いリードを選ぶことがアルトサックスの良い演奏につながります。

 

リードの選び方

リードは数字によって硬さと厚さを表示しています。

1/2ごとに表記され、2、2半、3、3半とか、ソフト、メディアム、ハードとかで表示されています。

 

Daddario製ではプラス(+)の表示が加わりさらに細かく分けられています。

 

数字が大きくなるほどリードは厚く硬くなります。
柔らかいリードは音が出やすいのですが音色が濁りやすいです。

 

アルトサックス初心者なら2半、あるいはメディアムが適しているでしょう。

 

サックス初心者は「柔らかめのリード」がおすすめです。
リードが硬いと息がつまってしまうからです。

 

しかし、2を使用すると薄い分音が出しやすいですアンブシュアをしっかりマスターするまでは使わない方がいいでしょう。

 

音色の幅は広がるのですが、口先だけ吹けてしまうので、お腹で支えた息で、息の速度・方向をしっかりとコントロールする技術がないと、薄っぺらい魅力のない音になってしまいます。

 

アルトサックスのリード選びのコツは自分が求めている「硬さ」を理解することです。

 

マウスピースの開きによってもリードの選び方は変わってきます。

 

マウスピースの開きが狭いものには厚めのリード、広いものには薄目のリードが使われることが多いです。

 

アンブシュアや息の使い方ができるようになってから自分と相性の良いリードを探してみたらどうでしょう。

リード削り方の特徴
ファイルド(フレンチ)カット

明るめの音色が特徴で吹奏楽やオーケストラの演奏に向いています。

アンファイルド(アメリカン)カット

暗めの音色が特徴でジャズ演奏に向いています。

原材料が天然素材の「葦(あし)」なので2つとしておなじ物はありません。

 

ですので同じメーカーのもので同じ厚さでも1枚1枚すべて個性が違います。

 

当たり外れがあります。

 

見ただけではわかりません。
楽器店でリードを数枚購入して試してみてください。

 

良く鳴るリードと、音の出にくいリードがでてきます。
実際に吹いてみて音が出やすく大きな音がでるリードをその中から選んでください。

 

初心者でも、良く鳴るリードは必ずわかります。

 

新しいリードでも鳴らないものより、古くても鳴るリードを使用するようにしましょう。

 

とはいっても、初心者は選り好みをしないでまずは使ってみましょう。

 

リードは10枚入りで3,000円〜4,000円する高価なものです。

 

使わないのが出てくるともったいないです。

 

正直、初心者はすべてを使うことで違いがわかってきます。

 

実際、プロの方でも違いをわかりながら購入したリードは全部使用している方が多いです。

 

一枚一枚試し吹きをしながら良いものだけを選び、よくないリードは使わないというこだわりを持っている方は意外と少ないです。

 

サックスの技術が上がってくればリードに合わせて吹き方を変えるということもできるので、
初心者の方はまず、購入したものは選り好みしないで全部使うようにしましょう。

 

おすすめのリード製品

バンドレン|トラディショナル
定番中の定番で初心者からプロ奏者までが使用し通常「青箱」とよばれています。

 

選び出したらキリがありませんので、まずサックス初心者はこの「青箱」で感覚をつかむのが良いでしょう。

人工リード

植物リードとの違いは、舌触りがまず違います。
その印象が強いので、音が人工的だと感じてしまいます。

 

吹くのには普通に吹くことができます。

 

ずっと普通のリードで吹いていて人工リードに変えるとかなりの違和感があるでしょう。
だからといって、音の違いはサックス初心者レベルではほとんどわかりません。

 

上級者では使いませんが、初心者の練習用にはとても良いと思います。

 

普通のリードは使い捨てなので練習量が多い方ほど出費になります。
人工リードは劣化が遅いので、その分出費を抑えることができます。

 

人工リードは音がひっくり返りにくいのも初心者には魅力です。
適当に吹いても音が裏返ることがありません。

 

良いことでもあるのですが、吹き方が雑になるという悪い面もあります。
そこは注意が必要です。

 

吉野ミユキのアルトサックス初心者講座なら、正しいリードの選び方を図解入りで詳しく解説しています。
よかったら参考にしてみてください。

 

【吉野ミユキのアルトサックス初心者講座より抜粋】

リードの選び方

スケール練習短期間でサックスをマスターする吉野先生のレッスン講座

マウスピースの選び方

マウスピース選びは、アルトサックスを上手く演奏するためにはとても重要な部分です。
サックス上級者でも、なかなか自分にあったマウスピースはみつけられないものです。

 

アルトサックスのマウスピースには先端が広いものから狭いものがありますが、アルトサックス初心者には真ん中あたりのものをお薦めします。

 

先端が広いと音程が定まりにくく、先端が狭いとリードがマウスピースについて音がでにくくなるからです。

 

マウスピースは形状、材質の違いで様々な物が販売されていて、購入時に店頭で試奏ができても、初心者にとっては自分の好みの音色や吹奏感覚などは当然わかりません。

 

ですから最初は一般的に良いといわれているマウスピースを選べば間違いないと思います。

 

最も注意する点は、どこのメーカーを選ぶかではなくて、鳴らしやすいマウスピースかどうかという基準で初心者の方は選ぶといいでしょう。

 

とは言っても初心者にはなかなか判断しずらいと思うので、具体的な品名を上げると、
セルマーのS80-C☆が一番無難でしょう。

 

初心者にとっては楽だし、多少ばらつきはあっても「ハズレ」は少ないです。

 

もし、S80-C☆が物足りないと感じたらセルマー S90 180か、セルマー S90 170です。

 

この2つを比べるならS90 180です。

 

S90 170は初心者には扱いづらいかもわかりません。

 

吹奏楽に特化するならセルマーのConceptがおすすめです。

 

ここで紹介したマウスピースでしっくりくれば、初心者の間だけでなく一生それで充分です。

 

>>TOPページ:サックス教室

マウスピースとリードの選び方関連ページ

サックスが木管楽器の不思議
サックスは木管楽器です。エッ、嘘でしょ!という声が聞こえてきそうですが、本当なんです。じゃあ、昔は木製でできていたからだ。でもないんです。なぜ、サックスが木管楽器に分類されているのか説明します。
サックス 組み立て方
サックスの組み立て方を動画も交えて詳しく解説します。正しい組み立て方を覚えないと楽器に不具合がでたり、音質が変わったり、おかしな奏法が身についてしまいます。
サックス拭き方
サックス拭き方をわかりやすく一から説明します。一番重要なことは水分を完全に除去することです。メンテナンスをキチンとすることで音色まで変わってきます。
正しい姿勢と呼吸法
アルトサックスの正しい姿勢と呼吸法を身につけることが美しい音色をだすことにつながります。ここで説明することを理解することで自然体で構えることができます。
ダンギング
アルトサック初心者の方に、ダンギングとは?の説明から具体的な口の形、バランスを養うための練習方法でハーフタンギングを紹介します。
アンブシュア練習方法
アンブシュアの基本の考え方と練習方法です。アンブシュアがきちんとできないとロングトーンだけでなく表現に合わせて柔軟に音を変化させることができません。
サックス 腹式呼吸法
アルトサックスの腹式呼吸法を3段階でわかりやすく説明します。この通りに実践すればあなたも腹式呼吸をマスターできます。
サックスのブレス練習法
アルトサックス初心者のためのブレス練習法です。なぜ、息が続かないのか?ブレスの後にアンブシュアが崩れない方法や簡単に身に付く腹式呼吸法などをマスターすることであなたのブレスは完璧になります。
ロングトーン練習
ロングトーンは金管楽器の演奏や歌を歌う時に一定の高さで音や声を長く伸ばすことをいいますが、ここではサックスのロングトーン練習について語ります。初心者、中級者、上級者と各レベルに合わせた練習方法を順番に紹介します。音が裏返ることもなくなります。
スケール練習
アルトサックスが上手くなるにはスケール練習は必須です。スケール練習が確実に出来るようになればアドリブが何も考えることなく指が勝手に動いてくれるようになります。
アルトサックス 運指
アルトサックスの運指は小学生の時に習ったリコーダー(縦笛)の指使いと同じです。簡単ですが慣れるまで時間がかかったりもたついてしまう方も少なくありません。そんな方にアルトサックス運指のコツや早い指の動かし方、ストレッチ方法を紹介します。
ジャズとクラシックの違い
ジャズサックスとクラシックサックスの世界は、実はかなり違います!その違いを説明します。
ビブラート
アルトサックスでビブラートの練習は上級者になってからと言われますが、そんな事はありません。サックス初心者こそ初期段階で練習すべきテクニックです。