http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

リードの選び方

リードの選び方

リードとは

バイオマス燃料として注目されている「ダンチク」っていう葦(あし)で作られていて、南仏産のものが良いとされています。

 

サックスはリードを振動させて音を出す楽器です。
リードは楽器の音色の良し悪しを決定する「最重要パーツ」です。

経験者でも悩む方が多いのが正しいリード選びです。
良いリードを選ぶことがアルトサックスの良い演奏につながります。

 

リードの選び方

リードは数字によって硬さと厚さを表示しています。

1/2ごとに表記され、2、2半、3、3半とか、ソフト、メディアム、ハードとかで表示されています。

 

Daddario製ではプラス(+)の表示が加わりさらに細かく分けられています。

 

数字が大きくなるほどリードは厚く硬くなります。
柔らかいリードは音が出やすいのですが音色が濁りやすいです。

 

アルトサックス初心者なら2半、あるいはメディアムが適しているでしょう。

 

サックス初心者は「柔らかめのリード」がおすすめです。
リードが硬いと息がつまってしまうからです。

 

しかし、2を使用すると薄い分音が出しやすいですアンブシュアをしっかりマスターするまでは使わない方がいいでしょう。

 

音色の幅は広がるのですが、口先だけ吹けてしまうので、お腹で支えた息で、息の速度・方向をしっかりとコントロールする技術がないと、薄っぺらい魅力のない音になってしまいます。

 

アルトサックスのリード選びのコツは自分が求めている「硬さ」を理解することです。

  • 硬いリードは、振動しやすいですがコントロールが難しいです。
  • 逆に柔らかいリードは、振動しにくいですがコントロールがしやすいです。
  • 初心者は硬いリードを好み、上級者ほど柔らかいリードを選ぶ傾向にあります。

 

マウスピースの開きによってもリードの選び方は変わってきます。

 

マウスピースの開きが狭いものには厚めのリード、広いものには薄目のリードが使われることが多いです。

 

アンブシュアや息の使い方ができるようになってから自分と相性の良いリードを探してみたらどうでしょう。

 

サックスの種類は「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」の4種類あり、
それぞれリードの形状も変わってきます。

 

リードのパッケージには『ALTO』『TENOR』と英語で表記されているので、
テナー用のリードをアルトに使用することなんて事がないようにしてくださいね。

リード削り方の特徴
ファイルド(フレンチ)カット

リードの選び方

カットの境目が横線
明るめの音色が特徴で吹奏楽やオーケストラの演奏に向いています。

アンファイルド(アメリカン)カット

リードの選び方

カットの境目がU字型
暗めの音色が特徴でジャズ演奏に向いています。

原材料が天然素材の「葦(あし)」なので2つとしておなじ物はありません。

 

ですので同じメーカーのもので同じ厚さでも1枚1枚すべて個性が違います。

 

当たり外れがあります。

 

見ただけではわかりません。
楽器店でリードを数枚購入して試してみてください。

 

良く鳴るリードと、音の出にくいリードがでてきます。
実際に吹いてみて音が出やすく大きな音がでるリードをその中から選んでください。

 

初心者でも、良く鳴るリードは必ずわかります。

 

新しいリードでも鳴らないものより、古くても鳴るリードを使用するようにしましょう。

 

数値が同じでもメーカーによって吹き心地は違います。

 

2半、あるいはメディアムで吹きにくいと感じたら数値はそのままで他のメーカーと変えてみましょう。

 

とはいっても、初心者は選り好みをしないでまずは使ってみることをおすすめします。

 

リードは10枚入りで3,000円〜4,000円する高価なものです。

 

使わないのが出てくるともったいないです。

 

正直、初心者はすべてを使うことで違いがわかってきます。

 

実際、プロの方でも違いをわかりながら購入したリードは全部使用している方が多いです。

 

一枚一枚試し吹きをしながら良いものだけを選び、よくないリードは使わないというこだわりを持っている方は意外と少ないです。

 

サックスの技術が上がってくればリードに合わせて吹き方を変えるということもできるので、
初心者の方はまず、購入したものは選り好みしないで全部使うようにしましょう。

 

練習を重ねることで、口周りの筋肉が付いてきたら3に上げてみても良いでしょう。

 

リードを購入したらすること

開封したばかりのリードは湿らせて馴染ませないと、安定した音を出すことができません。

 

リードを購入して、そのまま使っても満足することはありません。

 

リードが過剰に乾燥して振動しにくい状態になっているからです。

 

ですので適度に湿り気を持たせ繊維質を安定させる必要があります。

 

次の手順でリードを安定させてください。

  1. 水を浸した容器を用意します。
  2. 購入したリードを箱から全部取り出し、カットした部分のみを水に浸けます。
  3. 90秒ほど浸けたあと、リードを取り出し、クロスで水気を拭き取り付属のリードガードにしまいます。
  4. 箱のふたはあけておき自然乾燥させます。
  5. この作業を3日間繰り返します。

その後に、リードギーク、もしくは使い古したリードでリードの裏面を削ります。

リードは水分を含んで乾燥すると、表面に凸凹ができるようになります。

 

このままの状態だとマウスピースとリードを接着させることができず、反応が悪くなり思ったような音を出せなくなってしまいます。

 

山形の部分もきれいになっているほど整った音が出るので山形の面もリードギークの角の部分を使ってこすってみて下さい。

 

リードギークは世界的なサック奏者も使っていて、コンパクトなのでいつでもどこでもリードの手入れをすることができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リード・ギーク(REED GEEK) ユニバーサル リード ツール
価格:7387円(税込、送料別) (2018/12/27時点)


おすすめのリード製品

バンドレン|トラディショナル
定番中の定番で初心者からプロ奏者までが使用し通常「青箱」とよばれています。

 

選び出したらキリがありませんので、まずサックス初心者はこの「青箱 2-1/2」で感覚をつかむのが良いでしょう。

↓↓硬さをを選ぶことができます↓↓

その方がお金を無駄にすることなく着実に上達していくことができるはずです。

人工リード

植物リードとの違いは、舌触りがまず違います。
その印象が強いので、音が人工的だと感じてしまいます。

 

吹くのには普通に吹くことができます。

 

ずっと普通のリードで吹いていて人工リードに変えるとかなりの違和感があるでしょう。
だからといって、音の違いはサックス初心者レベルではほとんどわかりません。

 

上級者では使いませんが、初心者の練習用にはとても良いと思います。

 

普通のリードは使い捨てなので練習量が多い方ほど出費になります。
人工リードは劣化が遅いので、その分出費を抑えることができます。

 

人工リードは音がひっくり返りにくいのも初心者には魅力です。
適当に吹いても音が裏返ることがありません。

 

良いことでもあるのですが、吹き方が雑になるという悪い面もあります。
そこは注意が必要です。

 

耐久性、耐水性は葦のリードより優れているので保管に気を使わなくても済みます。

 

吉野ミユキのアルトサックス初心者講座なら、正しいリードの選び方を図解入りで詳しく解説しています。
よかったら参考にしてみてください。

 

【吉野ミユキのアルトサックス初心者講座より抜粋】

リードの選び方


スケール練習短期間でサックスをマスターする吉野先生のレッスン講座

 

リードのしまい方

練習が終わったらリードはマウスピースから外して、リードケースに入れて保管します。

 

昔のジャズプレーヤーは、リードを乾燥させないために、

 

「マウスピースから外さずに、そのまま冷蔵庫で貯蔵する。」なんていう都市伝説のような話もありましたが、この話にはなんの根拠もありません。

 

リードが乾燥することで、リードの先端が波打つのを防ぐというのが理由のようですが、

 

一番良いリードのしまい方は、練習の後に軽く水洗いした後に、
キッチンペーパーのような柔らかい素材で水分をよく拭き取り、

 

リードケースの中で、リードの先端が波打たないようにゆっくり乾かす方法です。

 

この時のリードケースはリードに付属しているものではなく、
ガラス版が渡してあるきちんとしたケースを指します。

 

ただ実際の話、ここまでしている演奏者は少なく演奏が終わったら水気を拭き取って、
そのまま付属のリードケースにしまっている人が多いようです。

 

マウスピースの選び方

マウスピースの選び方

マウスピース選びは、アルトサックスを上手く演奏するためにはとても重要な部分です。

 

サックス上級者でも、なかなか自分にあったマウスピースはみつけられないものです。

 

アルトサックスのマウスピースには先端が広いものから狭いものがありますが、アルトサックス初心者には真ん中あたりのものをお薦めします。

 

先端が広いと音程が定まりにくく、先端が狭いとリードがマウスピースについて音がでにくくなるからです。

 

マウスピースは形状、材質の違いで様々な物が販売されていて、購入時に店頭で試奏ができても、初心者にとっては自分の好みの音色や吹奏感覚などは当然わかりません。

 

ですから最初は一般的に良いといわれているマウスピースを選べば間違いないと思います。

 

最も注意する点は、どこのメーカーを選ぶかではなくて、鳴らしやすいマウスピースかどうかという基準で初心者の方は選ぶといいでしょう。

 

とは言っても初心者にはなかなか判断しずらいと思うので、具体的な品名を上げると、
セルマーのS80-C☆が一番無難でしょう。

 

初心者にとっては楽だし、多少ばらつきはあっても「ハズレ」は少ないです。

 

もし、S80-C☆が物足りないと感じたらセルマー S90 180か、セルマー S90 170です。

 

この2つを比べるならS90 180です。

 

S90 170は初心者には扱いづらいかもわかりません。

 

吹奏楽に特化するならセルマーのConceptがおすすめです。

 

ここで紹介したマウスピースでしっくりくれば、初心者の間だけでなく一生それで充分です。

 

マウスピースのしまい方

練習が終わったら、本体からマウスピースを外し分解掃除をします。

 

リードは外した後に水分を拭き取ってケースにしまいます。

 

それから、リガチャーを外しマウスピースにスワイプ通します。

 

スワイプの使用は、水分が適度に無くなる程度でOKです。

 

あまり、ゴゴシゴシ擦るとマウスピースの形が変わってしまう場合があるからです。

 

マウスピースの外側の汚れは水で洗い落とすか、専用のマウスピースクリーナーを使ったりします。

 

マウスピースをキャップの中にしまえば完了です。

 

この時に、いらなくなったリードをマウスピースにつけたまましまう方もいます。

 

リードの先端をマウスピースの先端より少し出っ張らせて取り付けることで、
マウスピースの先端がキャップに当たって傷付くことを防ぐことができます。

 

また、リードを取りつけておくことでリガチャーの変形を防いでくれます。

 

マウスピースの白い汚れ

毎回のお手入れは水分を拭き散る程度でいいのですが、それでも白い汚れがすこしずつ付いてきます。

 

この白い汚れは、唾液に含まれるカルシウムです。

 

ラバーのマウスピースによく見られます。

 

放置しておくと簡単には取れなくなったり、音も変わってきたりします。

 

こんな時は、ティッシュに少しお酢をつけて拭いてみて下さい。

 

キレイに取れますよ。

 

マウスピースは固そうに見えますが、傷がつきやすいです。

 

固さは、メタルよりもラバーのほうが固いです。

 

水分を拭き取る時も、こするのではなく吸い取るような感じでお手入れをしてみて下さい。

 

特に注意してほしいのは、汚れがよく落ちるからと「お湯」や「ぬるま湯」を使うことです。

 

メタルは大丈夫かもわかりませんが、ラバーは質が変わったり音に影響が出たりします。

 

マウスピースの水洗いには「冷たい水」を使用してください。

 

>>TOPページ:サックス教室