http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

サックス用リードの選び方

リードの選び方

【最新情報】
音が鳴らないリード(消音リード)が開発されました。
自宅練習におすすめです。

良いリードを選ぶことがアルトサックスの良い演奏につながりますが、
経験者でも悩む方が多いのが正しいリードの選び方です。

 

リードは数字によって硬さと厚さを表示しています。
1/2ごとに表記され、2、2半、3、3半とか、ソフト、ミディアム、ハードとかで表示されています。

 

Daddario(ダダリオ)製ではプラス(+)の表示が加わりさらに細かく分けられています。

 

数字が大きくなるほどリードは厚く硬くなります。
柔らかいリードは音が出やすいのですが音色が濁りやすいです。

  • 柔らかいリードは、振動しやすいですがコントロールが難しいです。
  • 逆に硬いリードは、振動しにくいですがコントロールがしやすいです。
  • 初心者は柔らかいリードを好み、上級者ほど硬いリードを選ぶ傾向にあります。

サックス用リードの選び方:初心者向け

アルトサックス初心者なら2半、あるいはミディアムが適しているでしょう。

 

リードの選び方

サックス初心者は「柔らかめのリード」がおすすめです。

リードが硬いと息がつまってしまうからです。

 

しかし、2を使用すると薄い分音が出しやすいですが、アンブシュアをしっかりマスターするまでは使わない方がいいでしょう。

 

音色の幅は広がるのですが、口先だけ吹けてしまうので、お腹で支えた息で、息の速度・方向をしっかりとコントロールする技術がないと、薄っぺらい魅力のない音になってしまいます。

サックス初心者は、最初は薄っぺらな音色のサウンドになりがちですが、音が出やすい薄めのリード(2半やミディアムソフト)にします。
しっかりした音が出せるようになったら、少しづつ厚くしていきましょう。(3半やミディアム、ミディアムハード)。
慣れるまで音がだしづらいですが、音色が太くなります。

純粋なリードの状態

正しいアンブシュアを体得していないと、その日のコンディションによってマウスピースの加え方が変化するので「純粋なリードの状態」を知ることができません。

 

マウスピースの加え方がコンディションによって違えば、当然リードの響きも違って感じられます。

 

「昨日調子の良かったリードが、今日はイマイチだな」
「いくら探しても良いリードがない」ということが起こります。

 

リードを正確に選ぶために、最低限必要な条件としてマウスピースのくわえ方、アンブシュアを正しく習得する必要があります。

サックス アンブシュア

<<アンブシュア>>

アンブシュアの基本の考え方と練習方法です。アンブシュアがきちんとできないとロングトーンだけでなく表現に合わせて柔軟に音を変化させることができません。噛みすぎの原因、対処法も紹介しています。

サックス用リードの選び方のコツ

アルトサックスのリード選びのコツは自分が求めている「硬さ」を理解することです。

 

大事なのは自分がやりたいことがやりやすいリードを選ぶこと。
例えば

  • 自分が出したい音が出せるか?
  • タンギングとかアーティキュレーションがしやすいリードなのかどうか?
  • フレーズなどビブラートも含めて吹きやすいリードなのかどうか?
  • 表現が全部できるリードなのかどうか?

というのを基準として選ぶと良いでしょう。

サックス用リードの選び方:耐久性

リードに耐久性があるかどうかもチェックしましょう。

 

すごい大きな音で鳴らしたり、フォルティッシモよりさらに強いフォルテフォルティッシモで鳴らしたりとか、

 

フラジオをかなり強い音圧で吹いたりとか、あと、タンギングもメチャクチャ早いのでやったりとかしたりします。

 

あとは循環呼吸がしやすいのとか、自分の持っている技術、やることすべてが鳴らせるかどうかもリード選びのチェック項目の一つです。

サックス用リードの選び方はマウスピースでも変わる

マウスピースの開きによってもリードの選び方は変わってきます。

 

マウスピースの開きが狭いものには厚めのリード、広いものには薄目のリードが使われることが多いです。

 

サックス初心者は2半から始め、アンブシュアや息の使い方ができるようになってから音を磨いていき、
2半で慣れてから3などにしてみた方がコツもつかみやすいし、自分と相性の良いリードを探しやすいです。

 

リードは、上達するための投資と考えて、色々と吹き比べることもしてみてください。

サックスの種類は「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」の4種類あり、
それぞれリードの形状も変わってきます。

 

リードのパッケージには『ALTO』『TENOR』と英語で表記されているので、
テナー用のリードをアルトに使用することなんて事がないようにしてくださいね。

サックス用リードの選び方:当たり外れがある!

リードは原材料が天然素材の「葦(あし)」なので2つとしておなじ物はありません。

 

ですので同じメーカーのもので同じ厚さでも1枚1枚すべて個性が違います。

 

リードに使う葦はケーンと呼ばれる背の高い葦が使われます。

 

ケーンは育成に2年、自然乾燥させる期間が2年。
計4年をかけることで最高品質のリードを作ることができると言われています。

 

しかし、これだけの年月をかけても当たり外れがあります。
同じメーカー、同じ厚さでも鳴るリードと鳴らないリードがあります。

 

見ただけではわかりません。
楽器店でリードを数枚購入して試してみてください。

 

良く鳴るリードと、音の出にくいリードがでてきます。
実際に吹いてみて音が出やすく大きな音がでるリードをその中から選んでください。

 

初心者でも、良く鳴るリードは必ずわかります。

 

水で濡らさないで吹いた時に一番下の音から一番上の音まで素直に出れば、それは鳴るリードと判断していいでしょう。

 

数値が同じでもメーカーによって吹き心地は違います。

 

2半、あるいはミディアムで吹きにくいと感じたら数値はそのままで他のメーカーと変えてみましょう。

 

とはいっても、初心者は選り好みをしないでまずは使ってみることをおすすめします。

 

リードは10枚入りで3,000円〜4,000円する高価なものです。

 

使わないのが出てくるともったいないです。
正直、初心者はすべてを使うことで違いがわかってきます。

 

実際、プロの方でも違いをわかりながら購入したリードは全部使用している方が多いです。

 

一枚一枚試し吹きをしながら良いものだけを選び、よくないリードは使わないというこだわりを持っている方は意外と少ないです。

 

サックスの技術が上がってくればリードに合わせて吹き方を変えるということもできるので、
初心者の方はまず、購入したものは選り好みしないで全部使うようにしましょう。

 

練習を重ねることで、口周りの筋肉が付いてきたら3に上げてみても良いでしょう。

 

人間の口の形がそれぞれ違うように、その人によっても鳴るリードというのは違います。
ある人が鳴らないと判断しても、他の人が吹くとよく鳴ったりすることもあります。

リードを育てる

人によっては1箱10枚のうち鳴るリードを2〜3枚見つけたら残りはゴミ箱にという人もいますが、もったいないですよね。

 

これから先、アンブシュアが変わってそのリードが鳴るようになるかもわかりません。

 

マウスピースを替えることで、そのリードとの相性が良くなるかもわかりません。

 

ですのでまだ可能性がある限り捨ててしまうのはもったいないと思います。

 

リードはシーズンによっても変わってきます。

 

夏に吹くリードと、冬に吹くリードは違うので、冬に吹きにくいと感じても夏になったら変わったりとか、

 

夏に開けてつらいと思ったリードでも、冬に吹きやすくなったりとかするので、リード育てば変わってくることもあります。

 

ですので、すぐにこのリードは駄目だなと思わないで、長い目でリードを育てていきましょう。

 

音が出しにくい、吹いていても苦しいリードは、捨てないでリードギークや紙やすりなどでリード表面を削り、硬さ(厚さ)を調整することで調子が上がる場合があります。

 

こうすることで吹きやすくなるので、ぜひ試してみてください。

 

>>リードギークの使い方

プロが教えるサックス用リードの選び方

吉野ミユキのアルトサックス初心者講座なら、正しいリードの選び方を図解入りで詳しく解説しています。
よかったら参考にしてみてください。

 

【吉野ミユキのアルトサックス初心者講座より抜粋】

リードの選び方


スケール練習 吉野ミユキのサックスレッスン講座

サックス用リード調整方法

リードは生きていて呼吸しているので毎日同じコンディションではありません。

 

季節とか天気、気温、気候、温度、湿度などに影響を受けます。
ですので、吹きやすい時もあれば、吹きにくいと感じることがあります。

 

この前まで調子が良かったのだけれど、なぜか今日は調子悪いなあ・・・、音がまとまらないなあ・・・、音が汚いなあ・・・、息苦しいなあ・・・、と感じることがあります。

 

日によっては、いいリード無いよ、どうしよう?という時もあると思います。
そんな時のリードの調整方法を紹介します。

リードが重い、固い、息が苦しい時の対処法

・リードの位置をマウスピースの先端より少し下げてセットする。
(ほんの少しです。0.5mm〜1mm:髪の毛一本分)

 

・リードを反らせる。
リードのマウスピースに面する方を上にして、平らな場所にリードの先端をあて、そらせ、しならせます。
無理やりやると折れたり破損したりするので、優しく少しづつ行います。

 

・リードをマッサージする。
先端から1.5cmのところを、親指、人差し指を使ってマッサージをします。
そうすると柔らかくなって吹きやすくなります。

リードが柔らかい、音が軽い時の対処方法

音がビャービャーして、まとまらない時の対処方法です。
リードが重く感じる時の対処方法の反対のことをします。

 

・リードをマウスピースの先端より少し上に出す。
(ほんの少しです。0.5mm〜1mm:髪の毛一本分)

 

・リードを反らせる。
リードのマウスピースに面する方を下にして、平らな場所にリードの面をあて、そらせ、しならせます。
無理やりやると折れたり破損したりするので、優しく少しづつ行います。

 

こうすると音色が落ち着いてくれます。

リードを舐める

リードは植物なので、乾いていると割れやすいこともあるのですが、乾いているとリードが振動してくれないので、演奏前にリードを舐める人が多くいます。

 

リードの先端は0.01mmほどの厚みしかありません。
舐めて湿らせることで、リードがしなやかにしなるのです。

 

リードを水に浸けたり、リードの先端だけでなく平らな面全部を舐めたりする人もいます。

 

この舐め方も人それぞれコツがあるようです。

演奏するジャンルによってリードは替える?

求めるサウンドがジャンルによって変わるのあれば、リードやマウスピースを替えるのも一つの方法です。

 

一般的にクラシックなどでは腰の強いリード(バンドレンのトラディショナル)を使う人は多いです。

 

ジャズやロックなどバリバリのサウンドで、音量が欲しい時などは比較的腰の弱いリード(バンドレンのJAVAやV16、ラ・ヴォーズなど)を使う人が多いです。

 

しかし、必ず替えなけらばいけないということでもありません。

サックス用リードを購入したらすること

開封したばかりのリードは湿らせて馴染ませないと、安定した音を出すことができません。

 

リードを購入して、そのまま使っても満足することはありません。

 

リードが過剰に乾燥して振動しにくい状態になっているからです。

 

ですので適度に湿り気を持たせ繊維質を安定させる必要があります。

 

次の手順でリードを安定させてください。

  1. 水を浸した容器を用意します。
  2. 購入したリードを箱から全部取り出し、カットした部分のみを水に浸けます。
  3. 90秒ほど浸けたあと、リードを取り出し、クロスで水気を拭き取り付属のリードガードにしまいます。
  4. 箱のふたはあけておき自然乾燥させます。
  5. この作業を3日間繰り返します。

リードの裏面を削る

リードは水分を含んで乾燥すると、表面に凸凹ができるようになります。

 

このままの状態だとマウスピースとリードを接着させることができず、反応が悪くなり思ったような音を出せなくなってしまいます。

 

山形の部分もきれいになっているほど整った音が出るので山形の面もリードギークの角の部分を使ってこすってみて下さい。

 

リードギークは世界的なサック奏者も使っていて、コンパクトなのでいつでもどこでもリードの手入れをすることができます。

 

>>リードギークの使い方

サックス用リードのしまい方

練習が終わったらリードはマウスピースから外して、リードケースに入れて保管します。

 

昔のジャズプレーヤーは、リードを乾燥させないために、

 

「マウスピースから外さずに、そのまま冷蔵庫で貯蔵する。」なんていう都市伝説のような話もありましたが、この話にはなんの根拠もありません。

 

リードが乾燥することで、リードの先端が波打つのを防ぐというのが理由のようですが、

 

一番良いリードのしまい方は、練習の後に軽く水洗いした後に、
キッチンペーパーのような柔らかい素材で水分をよく拭き取り、

 

リードケースの中で、リードの先端が波打たないようにゆっくり乾かす方法です。

 

この時のリードケースはリードに付属しているものではなく、
ガラス版が渡してあるきちんとしたケースを指します。

 

ただ実際の話、ここまでしている演奏者は少なく演奏が終わったら水気を拭き取って、
そのまま付属のリードケースにしまっている人が多いようです。

リードの素材の特性から言っても、湿った状態と乾燥した状態を繰り返しさせた方が長持ちするようです。

サックス用リードの交換時期

リードの寿命はすごく判断が難しいです。
同じメーカーの同じ厚さのリードでも寿命はマチマチ。

 

その人の使用頻度や保管方法にもよります。

 

使用頻度にもよりますが、毎日同じリードを使い続けていればリードの寿命は約2〜3週間です。
次のような症状が出ていたら交換しましょう

  • リードの先端が波打ってきた
  • リードの先端が欠けたり割れている
  • 吹いていて音がおかしい

もったいないからと使い続けていると、リードミスが出やすくなります。

初心者のリードは割れやすい

サックス初心者のリードは、息のコントロールがまだ慣れない所で吹いているので、リードの消耗(割れる)が早いです。

 

これは、演奏に適した息づかいでない息や発音を続けると起こりやすいのですが、練習を重ね経験を重ねることで、リードが割れるという現象は減ってきます。

 

初めて間もないころは、早い人は2回の練習でもう割れてしまう事もあります。

 

割れたリードがもったいないと、使い続けていると、発音が難しくなっているのに、無理に音を出そうとして余計な力が入ってしまいます。

 

初心者の頃は、リードが割れて鳴りにくいなと思ったら、もったいないと思わずに新しいリードに交換して発音しやすい環境で練習することをおすすめします。

おすすめのサックス用リード製品

バンドレン|トラディショナル
定番中の定番で初心者からプロ奏者までが使用し通常「青箱」とよばれています。

 

選び出したらキリがありませんので、まずサックス初心者はこの「青箱 2-1/2」で感覚をつかむのが良いでしょう。


その方がお金を無駄にすることなく着実に上達していくことができるはずです。

サックス用人工リード

植物リードとの違いは、舌触りがまず違います。
その印象が強いので、音が人工的だと感じてしまいます。

 

吹くのには普通に吹くことができます。

 

ずっと普通のリードで吹いていて人工リードに変えるとかなりの違和感があるでしょう。
だからといって、音の違いはサックス初心者レベルではほとんどわかりません。

 

上級者では使いませんが、初心者の練習用にはとても良いと思います。

 

普通のリードは使い捨てなので練習量が多い方ほど出費になります。
人工リードは劣化が遅いので、その分出費を抑えることができます。

 

人工リードは音がひっくり返りにくいのも初心者には魅力です。
適当に吹いても音が裏返ることがありません。

 

良いことでもあるのですが、吹き方が雑になるという悪い面もあります。
そこは注意が必要です。

 

耐久性、耐水性は葦のリードより優れているので保管に気を使わなくても済みます。


音が鳴らないリード(消音リード)

自宅のサックスの練習におすすめの音が鳴らないリード(消音リード)が開発されました。

 

開発したのは、サックスのマウスピースブランド「Gottsu(ゴッツ)」です。

 

この音が鳴らないリードはフェイシングに沿ってリードを厚くすることで、強制的にリードの振動を止めているのです。

 

普段のセッティングのリードを、この消音リードに変えるだけで消音になります。

 

サックス奏者が練習場所に困る現状、この消音リードがあれば、いつでもどこでも吹くことができます。

 

自宅練習に最適です。

 

消音リードを使って練習することで、サックスを吹くうえで最も大切な腹筋、背筋を使った腹式呼吸を身につけることができます。

 

音が出ないことのデメリットもありますが、しっかりと息を入れる練習や、吹いている感覚を忘れたくない方におすすめです。

 

リードを引き気味、出し気味にすることで、抵抗も変わり息の通りを調整することができます。

 

まずは、どんな感じか動画でご覧ください。

サックス用リードとは

バイオマス燃料として注目されている「ダンチク」っていう葦(あし)で作られていて、南仏産のものが良いとされています。

 

「ダンチク」を縦に4分割して削ったできたのがリードです。
自然な植物からできているので、同じリードは2つとして存在しません。

 

サックスはリードを振動させて音を出す楽器です。
リードは楽器の音色の良し悪しを決定する「最重要パーツ」です。

サックス用リード削り方の特徴

ファイルド(フレンチ)カット

リードの選び方

カットの境目が横線
明るめの音色が特徴で吹奏楽やオーケストラの演奏に向いています。

アンファイルド(アメリカン)カット

リードの選び方

カットの境目がU字型
暗めの音色が特徴でジャズ演奏に向いています。

リードギークの使い方

リードギークとはどういうものかというと、リードを削って調整する器具のことを言います。

 

なぜ、リードを削るのかというと、「リード削り方の特徴」でもお話したように、リードは同じメーカーのもので同じ厚さでも当たり外れがあります。

 

合わないリードでも無理して使う、捨てるなど人それぞれだと思いますが、リードギークを使えばほぼ9割ぐらいは合わせることができると思います。

 

リードが合わない原因というのは、分厚くて吹けない、音が出にくいという感じなんですが、そんな時リードギークでリードを削ることで、だいたい解決するんです。

 

リードギークは4つの角と先端が鋭利な感じでとんがっている金属製の器具です。

 

リードギーク

 

角で怪我するほどではないので安心してください。

 

この角を使ってリードの裏側(まっ平な側)を軽くこすりつけます。

 

力を入れると削りすぎてしまうので注意してください。

 

3〜5回削っては吹いてみて様子を見るといいでしょう。

 

【削り方は自由です】

リードギーク使い方

 

リードの山を均等にして左右のバランスを整えるすることでも吹きやすくなります。

 

バランスは見た目はわからないので、吹くしかありませんが、顔を左右傾けながら吹いてみて、左右同じくらいに鳴らしやすいかどうかをチェックします。

 

もし、右が甘いなと感じたら、リードの右側を口で咥えるあたりから、リードギークの先端で削っていきます。

 

リードギーク使い方

 

リードギークを使って、リードを好みの薄さに調整することで、せっかく買ったリードを無駄にすることもなくなります。


 

>>TOPページ:サックス教室