http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

サックス小物を一式揃える

サックス小物

 

サックス初心者にとっては、サックスを始めるにあたってまず何を揃えたらいいのかもよくわからないと思います。

 

ここでは、サックスを始めるにあたって揃えるべきサックス小物、必要な物を紹介します。

サックス本体

これは、当たり前ですね。
サックスがなければ何もできません。

 

サックス用品

サックスを始めるあたって一番悩むのがサックス本体の購入です。

 

高価な物ですので購入してから後で後悔しないようにしたいものです。

 

サックス本体の購入方法はこちらで詳しく解説しているのでご覧ください。rentaru

 

【関連記事】アルトサックスの選び方!サックス初心者におすすめな後悔しない買い方

 

日本最大級の楽器専門店イシバシ楽器なら、全メーカー、新品から中古迄幅広い品ぞろえがあります。

↓クリックしてください↓

サックスの選び方

最初は続けられるかどうか不安な方はサックスをレンタルする方法もあります。

 

【関連記事サックスレンタル:4千円台/月から

 

マウスピース

【マウスピース 約5,000円〜】

 

サックスを購入するとセットで付いてくるので別途購入する必要はありません。

 

初心者を卒業して中級者になってくると音にこだわり始めるので、自分のスタイルに合わせてマウスピースを選ぶことになります。

 

材質はラバーとメタル製がありますが、メーカーや素材、型などが変わることで演奏される音が異なります。

 

初心者は一般的にラバータイプから始めることが多いです。

 

【関連記事】 マウスピースの選び方

 

サックス小物 マウスピース アルトサックス マウスピース一覧

 

コルクグリス

【コルクグリス 約300円〜】

 

サックスのネックにはコルクが巻かれていて、そこにマウスを挿入します。

 

コルクグリスは、マウスピースをサックス本体にスムーズに挿入できるようにコルクに塗る潤滑剤です。

 

手が汚れないスティックタイプがおすすめです。

 

サックス小物 コルクグリス アルトサックス コルクグリス

 

リガチャー

【リガチャー 約2,000円〜】

 

マウスピースとともに重要なパーツで、リードをマウスピースに固定する為の留め具です。

 

リガチャーもサックス購入時に本体に付属されているので最初は購入する必要はありません。

 

マウスピースとリードとの相性もあるので、慣れてきたら色々試してみると良いかもしれません。

 

★リガチャーの素材
金属、革製
初心者向きなのは、金属製のリガチャーです。

 

★仕上げ
NPニッケル/GLゴールドラッカー仕上げ/SP銀メッキ仕上げ/PGPピンクゴールドメッキ仕上げ/SGPサテンゴールド/総銀製
よく使われているのは、金メッキ(GP)かピンクゴールドメッキ(PGP)です。

 

★順締めと逆締め
初心者の方は順締めがおすすめ。

 

サックス小物 リガチャー アルトサックス リガチャー

 

リード

【リード 約3,000円(10枚セット)】

 

サックス用品

消耗品です。

色々な種類があり、カット種類や堅さによって分類されています。

 

工業製品ではないので、同じメーカー、型番でも当たり外れがあったりします。

 

また、同じケースの中でも相性の良いもの良くない物が混じっていることがあります。

 

リードは、音色やビブラート、音の伸びにも影響する大事なものです。

 

各メーカーのリードを、一つずつ試してみて相性の良いものを選びましょう。

 

安価な物よりも、多少高くても質の良いものがおすすめです。

 

【関連記事】 リードの選び方

 

サックス小物 リード リード一覧

 

ストラップ

【ストラップ 約3,000円】

 

サックスを購入すると付属でついてくることが多いです。

 

演奏中はずっと身に付けているものなので、自分に合うものを選びましょう。

 

サックスを演奏する時に楽器を支えるものですが、ネックストラップタイプとハーネス型ストラップがあります。

 

サックス小物 ストラップ サックスストラップ一覧

 

主流は首からぶら下げるネックストラップタイプです。

 

初心者が使用するのもネックストライプが一般的です。

 

サックスは思っているよりも重いのでストラップを使わないと、演奏時に完奏まで持ち続けることが難しいです。

 

また、サックスを落さないように意識すると、細かい両手を使った指さばきはできなくなります。

 

ですので、演奏時には横着をしないでストラップをちゃんと使用しましょう。

 

ただ、ネックストラップはサックスの重さを首ですべて支えるため、常に首が圧迫され首が凝りやすくなります。

ハーネス型ストラップ

たすき掛けの様な形で、肩や背中でサックスを支えるため、ネックストラップより奏者への負担はとても少ないです。

 

首に負担はないので首が痛くなることはありませんが、装着が少し面倒くさいのと装着感に少し違和感があります。

 

慣れるまではブレスを吸ったり、吐いたりする時に胸のあたりが締め付けられる感覚があります。

 

女性用と男性用の形状があります。

 

ブレステイキング

身体の負担軽減を最大限考え、胸の締め付けをなくしたブレステイキングというハーネスタイプのストラップもあります。

 

身体の負担も軽減され、ブレスの時に何も障害がないことから音が良くなった、と多くの人が感じてるストラップです。

 

サックス小物 ブレステイキング ブレステイキング

 

サックスホルダー

見た目は斬新ですが少しゴツイです。

 

首にまったく負担がないのでかなり楽です。

 

ただ、持ち運びに不便です。

 

サックス小物 サックスホルダー サックスホルダー

 

ストラップ選びの注意点

それぞれのタイプに共通することですが、サックスに引っ掛けるフックの部分の素材と形状が大事です。

 

ただ引っ掛けるだけのタイプと、サックスが落ちない様に工夫されているものがあります。

 

おすすめは落ちない様に工夫されているものです。

 

素材も金属とプラスチックがありますが、それぞれ微妙にサックスの音質が変わります。

 

あなたにあったストラップを選ぶようにしてください。

 

スワブ

【スワブ 約1,500円から】

 

サックスを演奏した後に、サックス内部に付着した水分を拭き取る掃除用品です。

 

サックス購入時に付属で付いてくることが多いですが、消耗品で随時、交換が必要です。

 

サックス小物 スワブ サックス用スワブ一覧

 

あぶらとり紙

【あぶらとり紙 約200円〜】

 

キー(タンポ)の裏側に付着した水分を拭き取るために使用します。

 

サックス専用のクリーニングペーパーもありますが、普通のあぶらとり紙で十分代用ができます。

 

初めはキチンと揃えたいという方はコチラから選んで下さい。

 

サックス小物 あぶらとり紙 楽器専用クリーニングペーパー一覧

 

譜面台

【譜面台 約1,500円〜】

 

これはサックスを練習する時には必ず必要になります。

 

メーカーによって高さや角度の融通性が違います。
持ち運びに便利な折りたたみ式もあります。

 

お好みの譜面台を選んでみて下さい。

 

サックス小物 譜面台 譜面台一覧

 

メトロノーム

サックス小物

【メトロノーム 約2,000円〜】

 

こちらもサックス練習する時の必需品です。

 

新しく購入しなくても、今はスマートフォンのアプリでメトロノームが入っているので、サックス初心者にはまずそれで十分です。

 

結構高機能のアプリもあるので色々探してみて下さい。

 

音拍を目で見て確認したい方は、機械式の振り子タイプがお薦めです。

 

チューナー

【チューナー 約3,000円〜】

 

サックスを調律するための電子機器です。

 

サックスをチューニングする時に必要で、クリックタイプが使いやすいです。

 

耳で音を合わせるのではなく入力されたピッチと基準音の差を視角化してくれます。

 

音階がずれた状態で練習することで、間違った音を覚えてしまうと大変です。

 

チューナーを使用する時には、まずマウスピースをネックに挿す深さを決めておいて下さい。

 

毎回深さが変わるようでは自分の奏法を安定させることはできません。

 

中古だと、音程がずれていることがあるので、できたら新品を購入しましょう。

 

サックス小物 チューナー サックスチューナー一覧

 

クロス

【クロス 約2,000円〜】

 

サックスに付着した油脂汚れや水分を拭き取ります。

 

雑巾ではサックスの表面を傷つけてしまいます。

 

また、手垢が残るとサビの原因にもなるので演奏後にはきちんと拭くようにしましょう。

 

楽器専用のクロスがあるので、それを使用することをおすすめします。

 

サックスを運ぶ時に、ケースと楽器の間の隙間を埋めるのにも利用することができます。

 

サックス小物 クロス 楽器専用クロス

 

サックスケース

【サックスケース 約5,000円〜】

 

サックス初心者がサックスケースを購入するときの最低限の注意点を紹介します。

購入したサックスのサイズにあったケースを選ぶ

サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスなど色々種類があります。

 

サックス初心者の方の中には、サックスにサイズがあることを知らないという場合もあるので注意してください。

 

アルトサックスだったらアルトサックス用のケースを選んでください。

 

モデルに対応したサックスケースを選ぶ

メーカーが違うと仕様も違うので、必ず購入したメーカーのサックスが入るかどうか確認してください。

 

注意点は同じメーカーのサックスでもモデルが違うとケースに入らないことがあることです。

 

購入するお店、通販の場合は電話やメールで確認するようにしてください。

 

ハードケースを選ぶ

持ち運びの時にサックスをきちんと保護してくれることが大事ですが、ソフトケースと呼ばれるものはハードケースと比べると保護する能力は低い傾向にあります。

 

経験上、何年も使用していると、落としたりぶつけないように注意していても、目では確認できないような凹みなどが出てきます。

 

それと、平均的な値段よりもかなり安いサックスケースは、素材や構造等に問題があることもあります。

 

持ち運びしやすいケースを選ぶ

保護する能力は落とすことなく、できるだけコンパクトで運びやすいケースがおすすめです。

 

混雑した電車の中での移動でも、他人の邪魔になりにくく、他の人に蹴られたり危険性が少なくなります。

 

肩に背負ったときなどに、体にフィットする構造のサックスケースは負担が少なく持ち運ぶことができます。

 

サックス小物 ハードケース アルトサックス ハードケース一覧

 

サックス教本:楽天市場

【サックス教本 約800円〜】

 

○【楽譜】【サックス教本】ラーン・トゥ・プレイ 最新サクソフォーン教本 1&2

2160円

知識ゼロからのジャズ・サックス教本 プロ直伝!楽器選びからアドリブまで CD付 [ 河原塚ユウジ ]

1944円

楽譜 ミュール/フェルリング : サクソフォンのための48の練習曲(AL20402/サックス教本/輸入楽譜(T))

5400円

[ メール便 対応可 ]【 いちばんやさしいサクソフォーンレッスン 】 初級 サックス教本 アルトサックス ソプラノサックス テナーサックス バリトンサックス 兼用 楽器 お手入れ 音の出し方 運指表 曲 練習 楽譜 本 サックス 教則本 こども 吹奏楽 初心者 入門

864円

サックス教本 ラクール:50のやさしい斬新的な練習曲 第2巻(Billaudot版)

2592円

サックス教本 クローゼ/ミュール:25の日課練習課題(Leduc版)

5616円

○【楽譜】【サックス教本】コードの基本を学ぶジャズ・エチュード集/アルト・サックス編(CD付)(2176/ジャズの定番コード進行でアドリブ・マスター)

1944円

○【楽譜】【サックス教本】全音 サクソフォーン教則本

1944円

プロ直伝! 楽器選びからアドリブまで 知識ゼロからの ジャズ サックス教本 CD付 河原塚ユウジ 著 自由現代社

1944円

【取寄品】GYW00079244 ルバンク中級サックス教本【楽譜】

1404円

○【楽譜】【サックス教本】アルト・サックス 史上最強のフィンガリング・エクササイズ

1944円

楽譜 ベスト・オブ/ジョン・コルトレーン(CD付) 00695826/サックス教本/輸入楽譜(T)

3888円

サックス教本 ルソー:サクソフォン ハイトーン 第2版(Etoile Music版)

6156円

○【楽譜】【サックス教本】全音 サクソフォーン上達法/デビッド・リーブマン

1944円

サックス教材 おすすめ

サックスを始めにあたってサックス教室に入るか、独学で練習するのかどちらかになると思うのですが、
独学で練習するのならこの吉野ミユキプロ監修のサックス講座がお薦めです。

 

DVDトセットなので、初心者にとって大事な基本の口の動き手の動き等もよくわかります。

 

また、リードの選び方も動画を交えて教えてくれます。

 

サックス教室に通う方も並行して練習するのに適しています。

 

サックス教室や、これ以外のサックス教材もこちらで詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

 

>>サックス初心者のための教則本&DVD