http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

サックス消音器8種類

サックス消音器

サックス消音器と練習場所を組み合わせることで,周囲に気兼ねすることなくサックスを吹くことができます。

 

【関連記事】

 

【サックス練習場所6選】

・公園 ・音楽貸しスタジオ
・カラオケボックス ・音楽教室
・公共施設 ・海岸

【深夜でもできるサックス練習】

・防音室 ・演奏可能なアパート
・楽器を持たない練習

エアスルー減音サポートシステム

この商品は、株式会社タツミ楽器から2020年7月7日(火)に発売されたばかりですが、
もうプロ・アマ問わず、多くのサックスプレーヤーに使われています。

 

エアスルーの「エアスルー・パッチ」「エアスルー・ミュート」を使用することで、音量を約10デシべル下げることができます。

  • サックスを普通に吹いたときの音量:95〜115dB
  • エアスルー減音サポートシステムを使った減音奏法:80〜90dB

10デシべル下がると、音圧は一般的に半分になるといわれています。

 

エアスルーを使わない減音奏法は、吹き込む息の量を減らすことで音量を下げるのですが、思いきり吹けないストレスを伴い、コントロールも難しいいです。

 

その点、エアスルー減音サポートシステムは、減音奏法ですが、ふだん演奏するときと変わらない息の量で、演奏することができるので、
ストレスを抱えることなく、コントロールも普段の演奏と変わりません。

エアスルー・ミュート

サックス消音器

  • 価格:4,800円(税抜)
エアスルー・パッチ

サックス消音器

  • 価格:1,600円(税抜)
  • おすすめのマウスピース

    セルマー:S80C☆、S80C☆☆、S90-170、S90-180、S90-190
    メイヤー:5MM

販売店

サックス消音器 日本最大級の楽器専門店イシバシ楽器
サックスの選び方

 

アルトサックス消音器(Alto Sax Mute)

ベルにはめ込むタイプでは、こんな消音器もあります。

アルトサックス消音器(Alto Sax Mute)

e-sax

アルトサックスの消音機”e-sax”を使用することで自宅でも練習が可能です。

 

消音された音はテレビやオーディオぐらいの音量まで小さくなります。
吹奏感はそのままに、内臓された高性能マイクを通してイヤホンで生音を聴く事ができます。

 

⇒e-saxの効果をもっと詳しく説明しています。

 

サックス用マウスピース練習器(サイレンサー)

マウスピースをネックの代わりに装着するサイレンサーです。

 

アンブシュア、アーティキュレーション、呼吸法の改善、ピッチコントロールの練習ができます。

 

消音効果は抜群で形状もポケットに入るサイズなので持ち運びも楽で場所を選ばずに練習することができます。

 

付属のアダプターを付け替えれば、ソプラノからバリトンまで練習可能です。

 

使い方説明でDVDが付属で付いています。

 

【口コミ】
サックスを初めて4か月ですが、初めはピーとも鳴らすことができなかったですが、
毎日5〜10分練習を続けたら少しずつ音が安定して出るようになりました。

 

1週間ほどしてからサックスを吹いてみたら音に厚みと深みが出てきたような気がします。

 

普段はカバンに入れて持ち歩き、人がいないバス停での待ち時間や、車での信号待ちの時など、わずかな時間でも練習できるので重宝しています。

 

AE-01 Aerophone mini(エアロフォンミニ)

アルトサックス練習場所

Rolandから2019年9月に発売されたエアロフォンミニ”(AE-01)なら、深夜でもサックス練習ができます。

 

運指はサックスと同じです。

 

音出しも生音でもいいし、ヘッドホンやイヤホンで聞くこともできます。
スピーカーに繋げることもできます。

 

電池で作動するので演奏場所を選びません。

 

とてもコンパクトで軽く持ち運びも便利なので、旅行先とかにも持っていくことができます。

 

本体内蔵の音色は6音色(サックス、フルート、バイオリン、クラリネット、トランペット、シンセサイザー)ですが、
アプリを使えばチェロ、ティンパニー、ドラム、二胡や尺八など50以上の音色で演奏することもできます。

 

アプリには、11の練習曲が内臓されていて、演奏後に点数も出るようになっています。

 

運指表も表示してくれるので楽譜が読めなくても大丈夫です。

 

テンポも調節できるので慣れるまで無理なく練習することができます。

 

 

ローランドは今までに、2種類のエアロフォンを発売してきましたが、
今回発売されたエアロフォンミニ(AE-01)が一番、サックスに近く、コンパクトでお値打ちです。

 

場所、時間を選ばないサックスの練習にはもってこいの楽器です。

 

 

アルトサックス練習場所 AE-01 セット (ケース、交換用マウスピースセット)

 

「Travel Sax(トラベルサックス)」

 

まったく新しいタイプの電子サックス「Travel Sax」が開発されました。

 

これなら、まったく練習場所に困ることもありません。

 

まず、形状からして全長22cm、重さ300gと超小型で、持ち運びしやすく、

 

大きい音も出ないので練習場所を選びません。

 

動画を見てもらえればわかりますが、人が大勢で入りするコーヒーショップでも練習することができるのです。

 

本物のマウスピースを装着して演奏でき、小さいながらキー配列とキーを押した感触は本物と変わりません。

 

マウスピースとリードは、一般的なサックス用のものが使えます。

 

BluetoothやUSBでスマートフォン、タブレット、PCに接続することもできます。

 

まだ、日本では発売されていませんが近いうちに発売されるでしょう。

 

待ちきれない人は、Kickstarterからプレオーダーすることができます。

 

499ドル(約6万円)から入手できます。

サックスモニカ(Saxmonica)

サックスモニカ(Saxmonica)

ご覧の通り、ネックとチューブに別れることができ、ポケットに入るぐらい、とてもコンパクトです。

 

サックスと基本的な手の位置と運指は同じです。

 

アコースティック楽器ですが、アンプに繋ぐこともできます。

 

アンブシュアのトレーニングや、リードとリガチャーを交換して曲に合わせた音色を楽しめます。

 

まだ、日本では市販されていませんが、ネットを通じて購入することができます。

 

【関連記事】 サックスモニカ(Saxmonica)販売店

音が鳴らないリード(消音リード)

 

サックスのマウスピースブランド「Gottsu(ゴッツ)」が、音が鳴らないリード(消音リード)を開発しました。

 

この消音リードがあれば、いつでもどこでも吹くことができます。

 

より詳しい説明は「サックス リードの選び方」のページでしているので、そちらをご覧ください。
(実演動画解説あり)