http://xn--pckln2b1433b8fm.xyz/

ジャズサックスとクラシックサックスの世界は実はかなり違います!

皆さんはサックスと言われて、どんな音をイメージしますか?

 

吹奏楽が盛んな昨今ではありますが、やはり歌のバックバンドだったり、ビックバンドなどのジャズだったり、そういった世界で活躍しているサックスの音をイメージする方が多いかもしれません。

 

しかし!吹奏楽などで求められるサックスの音と、ジャズやポップスで求められるサックスの音はかなり違うのです!

 

そこで、今回はサックスの歴史とともに、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

 

さて、そもそもサックスがどのように誕生したのかと言うと、なんと「アドルフ・サックス」という方が発明した楽器なのです。

 

自分のお名前をつけるほど心底気に入った楽器だったのでしょうね。

 

分類としては木管楽器なのですが、軍楽隊(マーチングバンド)などにおいて、木管楽器と金管楽器の中間的な役割の楽器をということで開発されたそうです。

 

そう、実はジャズポップスでの使用を前提として作られた楽器ではないのです!

 

しかし、1920年代に活躍した「コールマン・ホーキンス」など、ジャズの発展とともにサックスはその知名度を高めていきます。

 

ジャズでなぜサックスが使われていたかというと、当時ジャズバンドの楽器は、トランペットやドラムなど軍楽隊の流用が多かったから。

 

さきほどあったようにサックスは軍楽隊や吹奏楽等での使用をメインに考えられて作られましたから、こういった経緯からジャズバンドにサックスが存在していたのはとっても自然な流れなのでした。

 

こうして開発当初とは大分方向性の違うところで一躍有名になったサックス。

 

では今現在、いわゆる「クラシックサックス」と「ジャズ・ポップスのサックス」にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

まず当たり前ですが、求められる音が違います。

 

もちろんクラシック分野で活躍している奏者がジャズを吹いたり、逆もまたあるのですが、基本的には大分異なった音を求められています。

 

代表的な日本人奏者をあげると、クラシックは「須川展也」、ジャズは「渡辺貞夫」などがいます。

 

ぜひ音を聞き比べてみてくださいね。

 

また、それに伴って楽器のセッティングもかなり違っています。

 

クラシックの奏者が好むセッティングは、ラッカーや金メッキがかかった本体に、エボナイトなどで作られたラバーマウスピース(見た目が黒いです)、リードはジャズ奏者と比較して抵抗感の強い、硬めのものを好む傾向があります。

 

対してジャズ奏者は、ラッカー以外に銀メッキや塗装の無いアンラッカーと呼ばれる本体に、金属でできたメタルマウスピースと呼ばれるもの(ラバーを使う奏者もたくさんいます)、そしてリードは割と柔らかいものを好むようです。

 

そして奏法も大きく異なります。

 

クラシック奏者は下唇を下の歯に巻き込み、さらに痛くならないように歯にあぶらとり紙や、専用のプロテクターをしています。

 

対してジャズ奏者は下唇はほとんど巻きませんし、クラシック奏者にくらべ力がかかっていないで歯にあぶらとり紙をかぶせたりということはしません。

 

いかがでしたでしょうか!たくさんの相違点がおわかり頂けたと思います。

 

もちろん奏者も人なので本当に様々なタイプの奏者がいますし、今回書いたのは本当にざっくりとした傾向です。

 

極論を言えば、クラシックやジャズ関係なしに素晴らしい奏者がたくさんいます。

 

みなさんも是非、たくさんの奏者の音に耳を傾けてみてください。

 

>>TOPページ:サックス教室